とりあえず 生きてます(´¬`)


by jaunt_start
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

元気を出して

絵本って凄いって思った
ある人からこれ頂きましたーありがとう
ボンボヤージュも絵も可愛いけどその後ろの文字にも
同意を覚えるけど
こういうのも好きです
答えを自分で捜すんだそうです
ゆっくりゆっくり。

だいぶ・・・長いけど興味あったら頑張って下さいませw

――――――――――――――――――――
 『元気を出して』

     どうして生まれてきたんだろう――。

     恋にやぶれたり、友だちに裏切られたり。
     一生懸命がんばればがんばるほど
     からまわりしてしまう。
     そんなわたしのこころの痛みを
     だれもわかってくれない。


     悩んだときほど、そのままのあなたで
     こころの旅を続けてみてください。
     正解かどうかわからないけれど、
     『自分はこれでいい』
     『ううん、自分はこれがいい』っておもえたら、
     それが、「あなたにとって最高」のこたえです。


     「どうして生まれてきたんだろう?」

     苦しいことや悲しいことに
     押しつぶされそうになると、ふと、おもう。

     たしかに、いいことって続かないけど、
     いやなことが、ひとつもなかったら
     うれしいことが、わからないかもしれない。

     たしかに、憎らしい人やムカツク人は減らないけれど、
     嫌いな人が、いなくなったら
     好きな人が、わからなくなっちゃうかもしれない。
     それじゃ、いやだし、
     だいいち、つまらなくなる。

     自分がどうして生まれてきたのか
     いまは、わからないけれど、
     わかったとき
     ものすごく感激するとおもうから、
     そおっと、待つことにしよう。


     輝いてる人って、
     かっこいい!

     わたしもあんなふうに、なりたい。
     だけど、どこから、ああいう自信はやってくるの?
     自分はできると信じる力が、自信。
     だれかが、そう、いってた。
     でも、いつ、信じる力がわいてくるのかなぁ。

     なにもかも、いやになって
     ぜんぶ投げ出したくなるとき、
     そんなことは、しょっちゅうだけど、
     どうすれば、自分を信じることができるのかなぁ。

     なぜ、あの人なら、信頼できるの?
     じゃ、あの人から見た自分は
     信頼できる人?


     まだまだ、やってないことばかり。

     なんでもできそうな、気もするけど、
     なんにもできないで、終わるかも…
     やっぱり、それはまずい。

     あせる。

     やりたいことは、いっぱいあるけど、
     ちょっとこわくて、手が出ない。
     それも、しゃくにさわる。
     だけど、自信がない。

     いまほしいのは…
     好きなようにやってごらんって
     背中をおしてくれる、あたたかい手と、

     だいじょうぶだよって
     ほほえんでくれる、やさしいまなざし。


     嘘をついた。

     あるがままの自分を
     信じることができなくて…
     小さな嘘も、大きな嘘もおなじこと。
     自分を、いちばん傷つけることをした。


     泣きたいときに、
     肩をかしてくれる
     友だちがいい。

     ばかなことをしたときに、
     おもいっきり笑って、
     でも、決して離れていかない
     友だちがいい。

     だだをこねたときに、
     一回きりだよって受け入れてくれて、
     目もとが笑ってる
     友だちがいい。

     そういう友だちがすっごくほしいから、
     そういう友だちに、自分からなる。


     こんなはずじゃなかった…

     こんなはずじゃなかったから、泣けてくる。
     傷つけば傷つくほど、怒りがわいてくる。
     すごく、くやしくて、たしかに、やりきれないけど、
     こんなはずじゃなかったから、学べた。


     人にあわせるのは
     つかれる。

     だったら、そんなことしなければいいのに、
     浮いてしまうのはまずいとおもってあわせる。
     つかれがたまっていって、
     気がついたら、人にいってた。
     「もっと、まわりにあわせるべきでしょ!」

     あぁ、なりたくない自分になっていく…

     もう、やめたい。
     むりをする自分。

     人にあわせる前に、
     「ほんとうはどうしたいの?」って
     そっと、自分にたずねよう。


     いつも、すっくと背筋がのびて、
     さわやかで、おもいきりよく、
     どうどうとして、だいたんな、あの人。

     ああいう人の、そばにいたいな。
     ああいう人に、なりたいな。


     なぜ…

     裏切られたショック。
     やぶられた約束。

     でも、やぶったほうより、
     やぶられたほうでよかった。
     だって、あの人は、
     自分のこころをやぶったんだから。
     いちばんだいじな自分の誠意を
     裏切ったんだから。


     もう、そうなっちゃったことで
     いくら自分を責めてもしかたない。

     ますます、傷が深くなるだけ…

     泣きたいなら、なにも考えないで
     こどもみたいに泣いちゃえば?

     涙がかれてから、考えよう。
     だいじょうぶ、かならず、なんとかなる。


     昨日の自分を、ここに出そうにもできない。
     明日の自分を、いま見ようにもかなわない。
     わたしが住んでいるのは、いま、だけだから。

     ここからのぞく、過去の風景。
     …なんだか嘘っぽい。

     いま、どうおもうかで、いいことと悪いことが
     ころころ、かわる。

     ないほうがよかった、とおもう場面が
     ゆらゆら、ゆれる。

     もしかしたら…

     痛かったこころの傷は
     自分を育てるためのもので、
     必要な体験になって
     わたしを助けてくれるのかもしれない。

     過ぎた時間を
     ああだこうだいうのはやめて、
     ただ、抱きしめよう。

     まだ起きてもいない未来のことに、
     不安をかきたてるのはやめて、
     いまに、全力をそそごう。

     元気を出して


――――――――――――――――――――
[PR]
by jaunt_start | 2004-12-20 16:21 | 雑記